ふえおじ練習日誌

何故笛を吹くの?

心が落ち着くからさ。
気が狂ったように吹き続ければ、いやなことなんてすぐ忘れちまうぜ!

3本のリコーダー(ソプラノ、アルト、テナー)を持って路上で吹いています。

緊急掲載!「ちびまる子ちゃん」に寄せて

どうも(;`Д´)y━~ボクですw


漫画家、さくらももこさんの逝去のニュースが入ってきました。


享年53歳。


本日は彼女の代表作、「ちびまるこちゃん」について
ももこ先生への追悼を込めて書きたいと思います。



以前にも話しました、姉二人に囲まれて育った私。
漫画は「ジャンプ」より「りぼん」をよく読んでいました。


当時のりぼんといえば.


「ときめきトゥナイト」(池野恋)⇒アニメ化される
「天使なんかじゃない」(矢沢あい)⇒後に「NANA」を発表
「耳をすませば」(柊あおい)⇒後にジブリ映画化
「赤ずきんチャチャ」(彩花みん)⇒アニメ化


などなど。
乙女路線、恋愛ものが多かったのですが


そんな中、
他の漫画とは画風の違う漫画が生まれました。



それがちびまる子ちゃん。


初期は作者自身が体験した小学生時代の実話を基にしたエッセイ風コミックでした。


そうつまり。


まる子=さくら先生そのもの。


まる子は温かい家族、友達に囲まれのんびりとした小学生時代を過ごします。


後に長期化に伴い、フィクションになります。


今では


長寿アニメとして日曜の夕方に君臨するまでになりました。



そんな中


こちらでご紹介しました。
岡田あーみん先生とコラボをしております。


少女漫画界の中では異端児に近かった二人の合作。






本当に本当に素敵な漫画をありがとう。
さくら先生、少し早いけど、安らかにお眠りください。


最後に同じく逝去された西城秀樹さんの歌
「走れ正直者」でお別れしたいと思います。



ED2 - 走れ正直者






さくら先生のご冥福をお祈り申し上げます。


では願わくばまた明日☆彡