ふえおじ練習日誌

何故笛を吹くの?

心が落ち着くからさ。
気が狂ったように吹き続ければ、いやなことなんてすぐ忘れちまうぜ!

4本のリコーダー(ソプラノジャーマン式、ソプラノバロック式、アルト、テナー)とオカリナを持って路上で吹いています。

映画「江の島プリズム」に寄せて(今の私を作ったもの)

どうも(;`Д´)y━~ボクですw


今日の挨拶:


今回の台風


すごいことになってますね。


皆様大丈夫でしょうか?


そんな中。うちの会社の上司が大阪から本日福岡に来ていたんですが
よくこれたなって思いました。



さて本題。


今日は意外に好きな映画

江ノ島プリズムについて




映画『江ノ島プリズム』予告編





『江ノ島プリズム』(えのしまプリズム)は、2013年の日本映画。(Wikipediaより)


この話は
ありきたりではあるのですが、過去に戻って過去をやり直すといった感じのお話しなのですが
まぁ出ている3人がキラキラしていた青春映画でした。





恋もあり。友情もあり・・とても切ない。


映画の中で主人公の


タイムトラベルで過去に戻り、過去を変えようとします。


何度か過去を変えることに失敗しつつも
最後は過去を変えることに成功しました。


そこで起きるのが「タイムパラドックス」


タイムパラドックスとは・・時間軸を遡って過去の出来事を改変した結果、因果律に矛盾をきたすことである。


一番わかりやすいのは、過去に戻って、自分の親を殺してしまえば、自分は生まれなくなるというもの。


ここでは、残りの二人が修太の存在を忘れてしまう・・ということになっていました。


幼なじみとして子供のころからつるんでいた3人。



友情や恋心が壊れてしまいました。


大人になった3人が偶然出会ったとき


修太が偶然ミチルと朔に出会い二人は恋仲になっていました。



恋仲といえば・・



そのあとこの3人で月9ドラマに出ちゃうんですよねぇ


これも含めて憎らしい演出だなーと思いました。


周平好きの私としてはキュンキュンでした。


かわいい。


これも今の私を作ったもの


では願わくばまた明日☆彡